革についての考え方

人の食生活から生まれてくる皮(命)と向き合い、
自然に感謝をしながら、なるべく無駄が出ないよう裁断をし、
手縫いで丁寧に仕上げています。

皮の特徴として、使い始めはまだ未成熟ですので、
時間をかけて魅力的な作品にしていただければと思っています。

自分たちが幸せで、そして日々楽しくあることで、制作した革モノを使ってくれる人、
そしてその周りの人もHAPPYであることを願ってPEANUTSやってます。

革作家   佐原健治