今度の日曜は「PEANUTS革石オーダー会」~明星ライブラリー~

こんにちは、PEANUTSです。
今週末の日曜は、渥美の中山にあるブック&アートギャラリー明星ライブラリーさんにて「革石オーダー会」やらせていただきます。

いろいろな種類の石を用意しました。

 

20150827a  ←画像はほんの一部です。

好きな石を選んでいただき、
巻く革を選んでいただき、

革石のネックレスタイプ、ブレスレットタイプ、キーホルダータイプ、
どれにするか…を選んでいただき、

PEANUTSが制作、後日お渡し…という流れになります。

本当にいろいろな石があるので、
この機会に是非明星ライブラリーさんにお越しください(^▽^)ノ☆

石を見るだけでもわーってなります。

 

革石のイメージはサイト内のこちらのページをご覧ください。

革石  http://peanuts-t.com/seihin/kawaishi1

革石ブレスレットタイプ  http://peanuts-t.com/seihin/kawaishibure1

 

PEANUTSは、

PEANUTS革モノで、使ってくれる人がハッピーに&その周りの方々もハッピーになること願ってます☆

 

■持参予定の石を、一部紹介させていただきます。↓

(同じ石でも形や模様は微妙にちがってたりするので、どれも1点ものになり、
完全に同じものはありません。)

 

■水晶

幸運をもたらすオールマイティな石です。精神的成長を促進する石。
「心を清め、肉体を清め、魂を純粋化するということで、
浄化石でもあります。

 

■インカローズ

この石自体がとてもパワフルなので、忙しくてなかなか疲れが
取れない人が持つといい石です。

 

■カイヤナイト

自分の意志を強くし、他人に依存することなく、独立心・探究心
を強めるサポートになる石。直観力の強化にもなるという石です。

 

■ハーキマーダイヤモンド

持つ人の潜在能力を引き出し、高次元へ と向かい、成功へと
導いてくれるという石です。夢の中で自分が必要としているも
のを気づかせてくれる石とも言われています。

 

■ターコイズ

肉体と精神のバランスを回復し、平安をもたらします。大きな
目標や夢を持つ人に実現のサポートをしてくれるという石です。

 

■アンバー(琥珀)

エネルギーの流れをきれいにし、必要なだけのエネルギーを
上手に使うということを教えてくれる石です。受験や勝負事
のお守りとしてもオススメです。

 

■マラカイト

緊張をゆるめたり、人間関係のストレスに高いヒーリング効果
を持つ石で、「治療石」とも言われています。

 

■タイガーアイ

内なるパワーを呼び起こし、金運・仕事運を高めてくれる石、
邪気祓いの力も強い石です。

 

■ハイパースシーン

この石は、持つ人のエネルギーを活性化させ、強い意志と責任
感を育てると言われている石です。

 

■ヒマラヤ水晶

ヒマラヤ山脈より採れるのがヒマラヤ水晶です。通常の水晶よりも力が
強く、浄化力や癒しの力も強いのが特徴です。

 

■ラブラドライト

宇宙のような輝きを持つ神秘的な石。直観力が高まる石、アイデ
アが豊かになり、芸術的センスも養われる石です。

 

■シトリン

金運と人間関係の改善・富・成功・自信を持つなどの願いに適し
た石です。人間関係のストレスも和らげてくれるやさしい石。
明るさが満ちています。

 

■メノウ

結びつきを強めるとういう石。コミュニケーション能力を高める
ので、人間関係に困ったときにもオススメな石です。

 

■ジラソルクォーツ

小さな発見や気づきを感じられる石。穏やかながらもとても
強いパワーを秘めた石です。

 

■スーパーセブン

水晶の中に複数の鉱物が内包されています。潜在能力を開花
させる力、そして総合的な運気を好転させる力を持つという、
非常に力の強い石です。

 

■オレンジカーネリアン

自分の持っている力を十分に発揮し、マイナスから護ってく
れる石。ありのままの自分を自覚するという意味もあり。

 

■ペリファイドウッド

数億年の古代の木の化石になります。固い意志と決断力を
養い、迷うことなく自ら決めた道を進んでいける石です。

 

■ルチルクォーツ

水晶内部に針状結晶の入った針入水晶のことを総称して言い
ます。金色の針が金が金を呼ぶ・・・ということで、お金
呼ぶとも言われています。努力の先の成功へのサポート石
でもあります。

 

■ヒマラヤゴールドアゼツライト

夢や目標を形あるの現実のものへと変えてゆく 強い意志、
強い具現化のサポート石です。胃の痛みがある人にとっては
強力な癒しの石になります。

 

…などなど。

どうぞ楽しみにお越しください。

 

 

 

 

 

コメントを残す